試着での分かりやすい写真の撮り方

ウエディングドレスの試着が終わって、画像をみてビックリ・・・。
これじゃ、よくわからないじゃないの(怒)

なんて喧嘩を勃発する前に、プロが教える分かりやすい写真の撮り方をアドバイスします!
これは【必見】ですよ!

さあ、ドレスショップへ行く前に予習をしていきましょう!

全身(前)

全身写真、なかなか難しいのです。

頭から裾まで全身をいれるのは勿論ですが、角度にポイントがあります。

カメラの位置をご新婦様の(おへそ)あたりにもっていってください。
下から見上げて撮る感じですね!

男性はご新婦様より身長が高い為、上から見下ろす感じで撮ってしまいがちです。
これではバランスが良くわかりませんのでご注意を。

全身(後)

これも前と同じくカメラの位置をおさえてください。

そして、ウエディングドレスにはトレーン(スカート部分の長い裾)があります。
これもしっかりと入るように。

この後ろ姿の時に、ご新婦様は上半身だけカメラの方に振り向き、お顔はブーケを見るように下に傾けるとさらに良いでしょう。

このポーズは必ず当日もカメラマンに指示されますよ!

全身(横)

横姿もドレスの裾(トレーン)を入れて撮ってください。

実際にどれくらいの長さか全身のバランスも含め見る事ができますよ。
この時は、お顔はカメラに向けずにまっすぐ前をみてくださいね。

バストアップ

胸元のディテールが分かるようにカメラの距離をとってください。
ウエディングドレスの素材とお顔映りもしっかりと分かります!

この4点をおさえれば間違い無し!

ウエディングドレスは、全身のバランスや写真写りも重要になってきます。
ご新郎様がこの写真撮り係を常にやっている場合、最終的にはプロ並みの腕前に(笑)

ウエディングドレスの試着の時の写真も良い思い出になりますよ。
素敵な写真、沢山撮って楽しんでくださいね!

ページの先頭へ