いかり肩・なで肩の方が絶対に美しく着れるドレスライン!

とにかく肩にコンプレックスがあって、どうにかしたいんです!

ウエディングドレスは肌の露出が多いので、これは絶対に気になりますよね。

大丈夫です!
そんな、いかり肩さん、なで肩さんに最適ドレスのご紹介。

意外と多いのがこの肩幅に関するコンプレックスです!
肩幅が大きくて、まるで水泳選手みたい…と仰る方まで。

まずは基中の基本、

【隠そうとせず、出す!】これなのです。

隠そうとして【オフショルダー】を選ぶと、逆に目立ってしまう事もしばしば。

しかも、オフショルダーとなるとデザインの種類も限定されてしまいます。

ここは逆転の発想で、そんな私のコンプレックスを活かしてみてはいかがでしょうか?

【アメリカンスリーブ】などは、首を長くみせ肩とのバランスも美しくなります。

そして意外にも【ビスチェ】タイプ!
出来れば、胸元の浅いビスチェタイプをオススメします。

えー無理ー!と思われるのも仕方の無い事。
試してください。

ここでワンポイントアドバイスです。

ビスチェタイプの場合、胸元のカットが直線でパキっとしたものでは無く、アーチがかったラインをお選びください。
これは肩のラインを柔らかくカバーしてくれます。

なで肩さんはというと、こちらは本当に思い込みの方が多かったりもします。

大抵の場合はビスチェタイプで、胸元のデザインで決めればOKです。

もしも隠したいのであれば、【パフスリーブ】で決定です!
パフスリーブは肩を隠して、さらに程よく胸元が開いています。 これは安心ですね!

コンプレックスを隠す前に、一度出してみてはいかがでしょうか?
中途半端に出すのでははく、出すなら出すと潔く!

より美しくウエディングドレスを着る為に、少しの勇気を出してみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ